SINANEN

お問合せ

プレスリリース Press Release

マイクロ風車による発電事業参入および Sinagy Revo 株式会社設立のおしらせ

当社は微風でも効率的に発電可能で高い静音性のマイクロ風車を開発した再生可能エネルギー事業を展開するグローバルエナジー株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役:鈴木 政彦、以下 グローバルエナジー)と協業し、マイクロ風力発電事業に参入いたします。

そして、2020 年 2 月に Sinagy Revo 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:進藤 裕司、以下 Sinagy Revo)を設立し、マイクロ風車搭載製品の開発・製造・設計・販売・保守・メンテナンス事業を展開してまいります。

従来の日本国内の小型・マイクロ風力発電は太陽光発電と並び再生可能エネルギーの中心として大きく期待されておりましたが、ブレードの重さ、素材、形状等が原因とされる騒音問題や度重なる事故等、多くの課題を抱えておりました。特にマイクロ風車の市場では、自家発電が求められる設置場所でのニーズが高いものの、これらの問題の解決に向けた研究開発に長い時間を要しました。このような背景の中、創業以来継続して風車の研究開発に力を注いできたグローバルエナジーは、試行錯誤の結果、平均風速およそ 1m/秒の微風で回転し、平均風速およそ 2m/秒で発電可能なマイクロ風車の開発に成功しました。世界的な潮流として、従来の化石由来のエネルギーから持続可能な開発を意識した環境に配慮した再生可能エネルギーへの期待が高まる中、シナネンも新たな再生可能エネルギー事業に注力しており、グローバルエナジーが開発したマイクロ風車における国内外の新たな風車発電市場の潜在性に着目し、今回の協業にいたりました。

グローバルエナジーが開発したマイクロ風車の最大の特徴は、剛性を兼ね揃えた超軽量ブレード(羽)と、効率的に発電できる特殊な形状にあります。これにより、開発が困難だった風車自体の軽量化と高い発電効率、そして安全性の確保が同時に実現可能となりました。シナネンが新たに設立する Sinagy Revo では、この画期的なマイクロ風車を搭載した製品ラインナップとして、ポール型完全独立電源装置と屋上用風力発電装置を開発・販売を行っていきます。ポール型完全独立電源装置は、防犯カメラ、LED 照明、WiFi を始めとする通信装置、小型蓄電池を搭載し、昨今注目されている災害時の電源インフラとしての活用が期待できます。具体的には全国約 75,000 か所の避難場所に設置する事で、停電時の夜間照明の確保はもちろん、災害時の安否確認に必要不可欠な通信ネットワークと電源の提供により、避難される方の安心安全に寄与できます。また防犯カメラと通信ネットワークの利用により、スマホや PC で避難所の状況確認ができるため、自治体の防災体制の効率化にもご活用いただけます。その他、再生可能エネルギーを利用した独立型電源または非常用電源装置として、各企業様が掲げられている SDGsや BCP 対策に大きく貢献できるものと考えております。

今後もシナネンは、エネルギーソリューション企業として、既存のエネルギー事業の拡販に加え、再生可能エネルギー事業への様々な挑戦を続け、法人のお客様にエネルギーを提供してまいります。

◆Sinagy(シナジー) Revo(レボ)株式会社 会社概要
設立 : 2020 年 2 月
代表取締役社長 : 進藤 裕司
資本金 : 1 億 5000 万円(資本準備金含む)
株主構成 : シナネン株式会社 100%
住所 : 東京都港区三田
主な事業内容 : マイクロ風車製品の開発・製造・設計・販売・保守・メンテナンス

◆マイクロ風車の特徴
① 高効率発電
30%以上の高い設備利用率が期待できます。特許を取得したマイクロ風車のブレード形状は他社のブレードと比較し、受ける風を効率よくエネルギーに転換できることから、平均風速1m/秒で回転し、そよ風程度(平均風速 2m/秒)で発電を開始できます。また、垂直型のため、風向きに関係なく 360 度からの風を受けて発電します。

② 静音性
一般的に静寂な図書館内の騒音はおよそ 40db とされていますが、新型マイクロ風車の最大回転時の風切り音は 30db 程度と非常に静音となります。設置場所から数m下の地上では、人の耳では殆ど聞こえないレベルとなっているため、これまで検討できなかった市街地での設置が可能です。

③ 安全性
新たに開発した制御システムにより、強風時でもブレードの回転を止めることなく、一定の回転数を保つようにコントロールすることが可能となり、強風時でも発電することが出来ます。また、発電機に過度な負荷がかからず、安全性が飛躍的に向上しました。

④ 特殊軽量素材
特殊素材の採用でブレード全体の重量の軽量化に成功しました。ブレードの軽量化により、低風速での発電と台風等の悪天候時における万が一の二次災害を軽減します。


マイクロ風車搭載の完全独立型電源装置の上部(イメージ)

【お問合わせ先】シナネン株式会社 経営管理部 大淵・山本(おおふち・やまもと)
TEL:03-6478-7897 E-mail:sinanen-kouhou@sinanengroup.co.jp

PDFデータはコチラ

プレスリリース一覧ページへ