SINANEN

JP EN

お問合せ

次世代育成支援行動計画 Action Plan

当社グループは、次世代の社会を担う子供たちが健やかに生まれ、育成される社会の形成に資するという次世代育成支援対策推進法の趣旨に沿い、従業員が仕事と子育てを両立させることができる働きやすい環境をつくることにより、従業員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のとおり行動計画を策定しています。

計画期間

2022年4月1日~2025年3月31日

実施内容

目標①
『就業時間中に業務を終わらせる』社風づくり意識・行動改革を推進する。
所定外労働時間の削減、働き方の多様性を認め、フレックスタイム制度・変形労働制を推進する。
対策
・勤怠システムによる労務管理の徹底と所定外労働の原因分析の実施。
・時間外労働が常態化している社員の意識改革を推進。
・社内研修等による施策周知。
目標②
『育児・介護と仕事の両立』を果たせるような勤務時間短縮措置等の推進・実施する。
対策
・育児介護休暇等による復職者に対する産前育休後面談の実施と推進。
・労使懇談会等を通じて周知活動を進める。
目標③
『不妊治療と仕事の両立』の推進にむけて体制を整備する。
対策
・労働者のニーズを把握するための調査を行い、不妊治療に関わる支援制度(特別休暇の設定)などの整備を行う。
・社内のイントラネット等を活用し、従業員への周知を行い制度の認知率を高める。
目標④
『子供の健全育成と豊かな心を育む』子供・子育てに関する社会貢献活動の実施。
対策
・小学生を対象とした言葉では言えない家族に対する感謝の気持ちを作文にする『いつもありがとう作文コンクール』の周知と継続実施する。
目標⑤
『ワークライフバランスの充実』を図るため、有給休暇取得推進をする。
対策
・有休奨励日における有給休暇取得促進、有給休暇時間単位および半日取得回数の拡大を図り1人当たりの取得日数を増加していく。また、社内のイントラネット等を活用し、従業員への周知を行う。