SINANEN

JA EN

お問合せ

プレスリリース Press Release

日本ソーラー電力株式会社の全株式を取得

~関西・中部地方で電力事業を強化~

シナネングループのエネルギーソリューション事業を担うシナネン株式会社は、1月5日、太陽光発電所の開発事業を行う 第二電力株式会社から 、 同社が保有する 「日本ソーラー電力株式会社」の 全株式を取得しました。 総資産は約 50 億円、 株式取得総額は5億9百万円です。


日本ソーラー電力株式会社は、関西・中部の大都市圏を中心に、屋根借りによる太陽光発電事業を行う会社で、発電設備は全て低圧( 50kW 未満)に特化し、合計で 428 ヶ所(パネル出力= 19.6 MW )の太陽光発電所を運営しています。年間発電量は 20,900MW h を想定しており、一般家庭 5,800 世帯分の消費電力に相当します。

シナネン株式会社は、関西電力・中部電力・東京電力・東北電力管内で法人向け電力販売を展開して おり、 日本ソーラー電力株式会社の株式取得 により 、関西電力・中部電力管内での事業基盤 の 強化を図ります。 また、 太陽光により発電されたクリーンエネルギーの販売を通じ、CO2 削減を推進します。


日本ソーラー電力株式会社の今後の利益計画として、2016 年度以降、年間で営業利益2億円を見込んでいます。また、事業運営に必要な資金は 株式会社 三井住友銀行からのプロジェクトファイナンスによって調達しました。


なお、 シナネングループ で は 、 シナネン株式会社による 電源 開発 と電力販売 に加えて 、株式会社ミノスによる 電力 販売・顧客管理システム の 開発、ミライフ西日本株式会社・ミライフ株式会社・ミライフ東日本株式会社による電力販売 を通して、グループ で一連のサプライチェーン を 構築し、家庭向け電力販売 を含めた電力事業 に 今後も注力して いきます。


注)本件が 平成 27 年度の シナネンホールディングス株式会社 の 連結決算 に与える影響は軽微なため 、 平成 28 年 3月期 の連結業績予想の変更はありません。

プレスリリース一覧ページへ